カジノ用語集

カジノ用語集記事一覧

ア行

【ア行】用語意味アイ・イン・ザ・スカイカジノテーブル上に設置されている監視用のカメラを指す言葉です。プレイヤーまたはディーラーが行う不正を調査したりする目的で導入されていますアウトサイド・ベットルーレットで直接数字には賭けずに色や列などの数字のグループに対して賭ける方法です。当たる確率は高めです。一...

≫続きを読む

カ行

【カ行】用語意味カード・カウンティング ブラックジャックやライブ・ポーカーなどのゲームで既出のカードを記憶しておくことで、以降出現するカードを推測しゲームを有利に運ぼうとする技術です。カッティング・カードカードの山の底に付けて、一番下のカードを見せないようにするための道具です。普通のカードよりも一回...

≫続きを読む

サ行

【サ行】用語意味サイジング数枚のチップが重なった場所の真横に手持ちのチップを降ろし、人差し指をスライドさせることで、同枚数のチップ山を複製する技術です。サイド・ベット ゲームの本来の進行とは独立して行われる余興の賭け。カリビアンスタッド等で$1を賭けるジャックポットがこれに相当する。サイド・ベットは...

≫続きを読む

タ行

【タ行】用語意味タイバカラで、プレイヤーとバンカーの点数が同点で引き分けとなること。ブラックジャックでは引き分けのことを「プッシュ」と呼びます。同じ意味です。ダズン・ベット ルーレットの賭け方の一種。「ダズン」とはダースのことで、連続する12数字に対して賭けるもの。”1st. Dozen” は1〜1...

≫続きを読む

ナ行

【ナ行】用語意味ナチュラルバカラで最初に配られた2枚の札の合計点数が、8点または9点の時にこう呼ばれる。また、ブラックジャックで最初の2枚で完成した21点を「ナチュラル・ブラックジャック」と呼ぶこともある。

≫続きを読む

ハ行

【ハ行】用語意味ハード・ハンドブラックジャックで”A”のカードを含んだ手札の計算を行う場合、”A”を1点として数えた状態での合計点数。広い意味では”A”を含まない全ての手札の点数をハード・ハンドとも呼ぶ。 ⇔ソフト・ハンド パーミング手のひらを使って、チップやカードを隠し持つ、チーティングの一種。 ...

≫続きを読む

マ行

【マ行】用語意味 マーカー マーク(印)をするための物であり、ゲームによって、さまざまなマーカーが用いられる。分かりやすい例でいえば、ルーレットの当選番号を示すマーカーなどが挙げられます。マーキング自分だけが分かる傷や印をカードに付けることで、伏せられたカードの中身を知るというイカサマの一種。 ⇒チ...

≫続きを読む

ラ行

【ラ行】用語意味リールスロットマシンで各種シンボルがプリントされている回転部分の名称。一般的には3〜5リールで構成されたマシンが多いようです。リターン確率上、本来受け取るべき配当の割合から、ハウス側によって控除される、控除率を除いた払戻率のこと。リターンの値が高いほど、プレイヤーにとって有利な賭けと...

≫続きを読む

ワ行

【ワ行】用語意味ワイルド・カードスロットマシンやビデオポーカーなどで、他のシンボルやカードの代用として用いることのできるものです。いわゆるオールマイティ。

≫続きを読む