カジノ用語集

【サ行】
用語 意味
サイジング 数枚のチップが重なった場所の真横に手持ちのチップを降ろし、人差し指をスライドさせることで、同枚数のチップ山を複製する技術です。
サイド・ベット  ゲームの本来の進行とは独立して行われる余興の賭け。カリビアンスタッド等で$1を賭けるジャックポットがこれに相当する。サイド・ベットは基本的にハウス・エッジ(控除率)が高く、不利な賭けであることが多いようです。
サベイランス  カジノ内で行われているセキュリティの一つで、監視カメラを使ってカジノ全域の様子を記録し、不審な行動を注視したり、トラブルの早期発見を行ったりしています。
サレンダー  ブラックジャックでは賭け金の半額を無条件に差し出すことで、ゲームから降りるルールのことを指すが、他のゲームでは単純に賭け金全額を放棄し、負けを認めるアクションとして捉えられることが多いようです。
【シ】
用語 意味
シック・ボー  3個のダイスをかき混ぜ、その出目合計や組合せを当てるもので、アジアやオーストラリアで人気のあるゲーム。100倍を超える倍率もあるのが魅力だが、その分、ハウス・エッジ(控除率)も高いようです。
シックス・ナンバーズ・ベッド ルーレットの賭け方の一種。6つの連続した数字に賭けるもので、配当は5倍になります。
ジャックポット スロットマシン等のゲームで、一回の賭け金に対して、数百倍の配当を一度に得るような大当たりを指す言葉です。
シャッフル カードを混ぜ合わせる行為。カジノでは通常、「リフル」と呼ばれるシャッフル方法を用い、途中にカードの「ストリップ」を織り交ぜるのが一般的です。
シュー  4組以上のカードを使用するゲームでは、ディーラーがカードを手で持ちきれないため、それらのカードを格納しておき、上から一枚ずつ取り出せるようにした箱型の道具。形が靴に似ていることから「シュー」と呼ばれます。
シュー・ゲーム 4組以上のカードをシューに格納して行うゲームのことです。
シューター クラップスにおいて、テーブル全員のプレイヤーを代表してダイスを投げる人。シューターがテーブル上の賭け金全ての運命を握っています。
ショー・カード 新しく開封したカードの組に過不足が無いか、プレイヤーの前で広げて確認を促すセレモニーのことです。
シンボル スロットマシンなどで用いられている絵柄のことです。「トップ・シンボル」といえば、その台で最も価値の高いシンボルとなります。
【ス】
用語 意味
スーツ カードに付けられている4種類の柄のこと。王侯貴族の剣を表す「スペード」、聖職者の杯を表す「ハート」、商人の貨幣を表す「ダイヤ」、農民のこん棒を表す「クラブ」が各スーツのルーツであるとされています。
スタック 複数枚のチップ(チェック)が積み重なった状態を指す言葉であるが、通常カジノで「1スタック」といえば、20枚のチップを一山にしたものを意味すします。
スタンド ブラックジャックで現在の点数のままでディーラーと勝負する際に選択する行動。スタンディング(Standing)または、ステイ(Stay)ともいう。また、バカラで3枚目のカードを引かない場合を指す言葉でもあります。
ストラテジー プレイヤーが最も負けを少なくするために、一定のゲーム進行手順を戦略としてまとめたもの。「ベーシック・ストラテジー」などとも言われるます。
ストリート・ベット ルーレットの賭け方の一種。横に並んだ連続した3数字に対して賭けるもの。配当は11倍になります。
ストリップ 片手でカードの山を持ち、反対の手の指で10枚程度をつまんで落としていくシャッフルの一種。⇒シャッフル  また、ラスベガス市内の巨大ホテル街を横切る大通り(Las Vegas Boulevard)の俗称でもあります。
ストレート・アップ ルーレットの賭け方の一種。一つの数字だけを選んで、その番号だけに賭けるもの。配当はルーレットで最も高配当の35倍おなります。
スピン ルーレットでディーラーが玉を投げ入れること。または、ウィール・オブ・フォーチュンなどの盤を回転させること。スロットマシンでリールを回す時に押すボタンの名称でもあります。
スプリット ブラックジャックで初めに配られたカードが同数位のペアの時、最初の賭け金と同額を新たに賭けることで、カードを二手に分け、それぞれ独立した勝負を行うこと。スプリッティング・ペアとも呼ばれます。
スプリット・ベット ルーレットの賭け方の一種。二つの数字を跨ぐ線上に賭け金を置くもので、当った時の配当は17倍となります。
スロット・マシン 20世紀のカジノで最も収益を上げることに貢献したゲーム。現金硬貨または専用トークンをマシンに投入し、レバーを引くかスピン・ボタンを押すことで、リールが回転し、絵柄が揃えば賞金が支払われます。
【ソ】
用語 意味
ソフト・ハンド ブラックジャックで”A”のカードを含んだ手札の計算を行う場合、”A”を11点として数えた合計点数をソフト・ハンドといいます。 逆の意味では ハード・ハンド

サ行関連ページ

ア行
カジノ用語集をまとめています。アからオ
カ行
カジノ用語集をまとめています。カ行です
タ行
カジノ用語集をまとめています。タ行です
ナ行
カジノ用語集をまとめています。ナ行です
ハ行
カジノ用語集をまとめています。ハ行です
マ行
カジノ用語集をまとめています。マ行です
ラ行
カジノ用語集をまとめています。ラ行です
ワ行
カジノ用語集をまとめています。ワ行です